MVNOおすすめ入門

このページは私が格安SIMを購入するまでに色々と調べて理解したことをまとめている。

これから格安SIMにチェンジするためにどのMVNOで購入すればよいかの参考にしてもらえれば幸いです。

格安SIMはネットが出来て通話もできて1ヶ月2,000円前後で利用できます。

現在、大手携帯会社を使ってる人ならかなり節約できるので是非とも自分にあったMVNOを探して欲しい。

また、私個人がおすすめのMVNOも後に列記したいと思う。

まずは格安SIMを使う前にあれこれと注意事項などがあるのでこのページを一読していただきたいと思う。

タイプ別、格安SIMの買い方

◯新規で格安SIMを購入したいかた→Step1
これは新たに電話番号を買いたい、という方。

◯MNPで格安SIMに変えたい方→Step2
こちらは今使ってる電話番号を変えたくない方。

Step1.

新規で格安SIMを買いたいと思ってる方は、データ通信のみのSIMか通話もできるSIMかを選択しよう。

また既にSIMフリーのスマホを持っているならSIMだけ購入でOKだし、 スマホを持っていなければスマホも購入しなければいけない。

どこでSIMを買えばよいかは「おすすめのMVNOの記事」をご覧いただきたい。

STEP2.

MNPで格安SIMに変えたい方はこちらを読んで欲しい。

現在ドコモのスマホを使ってる方はそのスマホをそのまま利用できる可能性が高い。 それは多くのMVNOがドコモ回線を間借りしているからです。 「MVNOのおすすめの記事」をご覧いただきたい。

現在ソフトバンクのスマホを使ってる方は、どこのMVNOのSIMであっても使えないので 改めてスマホを購入する必要がある。「スマホ+SIM購入ガイド」をご覧いただきたい。

現在auのスマホを使ってる方は、ドコモ回線を間借りしているMVNOではそのスマホが使えない。 auの回線を使っているMVNOである「uq mobile」のSIMであればそのスマホが利用できる。 「uq mobile」のSIMを使うのが嫌なら、auのスマホは使えないので、改めてスマホを 購入する必要がある。その際は「スマホ+SIM購入ガイド」をご覧いただきたい。

おすすめのMVNO

何を持っておすすめかと言われると人それぞれ使い方やメリット・デメリットがあるので難しいところです。

価格的な部分でできるだけ安くしたい

NifMoはキャッシュバックキャンペーンを行ってるので、実質支払い額が安くなるのでお勧めだし。 Y!mobileは電話が無料(1回につき10分まで、月300回までなど条件あり)な点もお勧め。 楽天モバイルはポイント付与が大きくおすすめ。 BIGLOBEは電話アプリがあるおかげで電話代が半額になる。 月額料金はどこのMVNOでも最も低いプランで1600円前後となっているので、価格面での比較はあまり意味がない。

データ通信速度が速いという口コミ

格安SIMのデータ通信はほとんどが下り150Mbpsとい速度が出るプランが用意されていて、 どのMVNOを選んでも変わりがないように思えるかもしれないけど、実際に使ってみると速度の違いがある。

現時点ではNifMo、IIJ、uq mobileが実際の速度が速いと口コミでも見られる。 これは加入者が少ないからと言われていて、加入者が増えれば速度も遅くなる可能性がある。 ストレス無くインターネットをしたいなら、上の3社から選ぶのがおすすめ。

スマホ+SIM購入ガイド

ここは現在持っている携帯やスマホのままでは格安SIMが使えないため、改めてスマホも購入しなければいけない人むけの記事です。

ソフトバンクの人は、残念ながら新規でスマホとSIMを買わなきゃいけない。 (SIMロックを外すという手法もあるがここでは取り上げない) iphone6を買ったばかりで捨てたく無い人は売りに出すという選択肢もありだろう。 当サイトの嫁はiPhone6を買ったばかりなので、しぶしぶソフトバンクで使い続ける覚悟。 5月に携帯会社のSIMフリー化が義務となるので、そこの動向に注目中。

MVNO各社ではスマホとSIMのセットで販売してるところもあるし、 amazonや楽天などでSIMフリーのスマホを買って、MVNOでSIMだけ買って自分でセッティングする、という流れでもOKです。

では、どのMVNOのSIMが良いか、という話ですが、それは「おすすめのMVNO」の記事をご覧いただきたい。

このページの先頭へ